大阪市鶴見区にて洗面台のつまり施工事例
この度、大阪市鶴見区のお客様から洗面つまりが起こって水が流れていかなくなってしまったというご相談をいただきました。昨今の洗面台は機能性に優れており、顔を洗う以外にもさまざまな用途にご利用できます。吐水口がノズルで引き上げられるシャンプー水洗は最近では多く見られるタイプですし、片側にボウルを寄せて洗顔後にそのままお化粧もできるドレッサーが備え付けられたタイプなども女性に人気です。しかし、多目的で洗面台を使えるようになったために、排水口にはいろいろな異物が流れ込みやすくなりました。 洗面台の詰まり鶴見区 現場に到着後、奥様にオシャレでモダンな造りの一戸建て住宅内にご案内していただきましたが、拝見した洗面台はスペースが広く取られていました。洗面ボウルも大きめです。使い勝手のよさから髪の長い奥様やお嬢様の洗髪はもちろん、お化粧をしたり、洋服の手洗いにも毎日のようにご利用というお話しでした。早速、止水栓を締めて慎重に排水パイプを分解していったところ、予想通りに髪の毛やシャンプー、洋服の繊維などによってS字部分を中心にヘドロの塊が生じています。 ただ、付着した汚れを綺麗に取り除くことができればつまりの解消できる、症状の軽いものでした。お客様にも原因とこれから行う修理作業の内容をご説明すると、本日中に直りそうだと安心したご様子が窺えます。 まず、解体をしたパイプをワイヤーブラシを用いて丁寧に洗浄をしていきます。その後、再び取り付けて仕上げに業務用クリーナーを流し、しばらくした後に勢いよく水を出して、排水口に正常に吸い込まれていったことをご確認いただいて全ての工程が完了です。ヘドロを取り除いたいことで、洗面台を使っていて少し気になっていたという臭いもなくなったとお喜びいただけました。 日頃から気をつけてご利用いただければつまりも生じにくくなりますので、排水口に異物が流れ込んでいかないように、目の細かいキャッチャーを設置することをおすすめ致します。日々のお手入れによってトラブルが生じる可能性を軽減できますが、万が一の際には早目にご連絡ください。