大阪府大阪市東住吉区にて洗濯のつまり事例
今回は大阪市東大宮区にお住いのお客様より洗濯つまりで困っているとのご連絡を頂戴しました。お電話は40代の奥様からでした。詳細をお聞きしたところ、自宅で利用している洗濯機が朝から使えないということでした。洗濯機の故障ではなく、つまりのエラーが出ているけれどどう対処してよいかわからないので見てほしいとのこと。お客様のご自宅の住所を確認してすぐにスタッフを派遣しました。 洗濯のつまり お電話を頂戴してから40分ほどでお客様のお宅へ到着することができました。閑静な住宅街にある2階建てのお宅でした。まずはご挨拶をしてお宅へお邪魔すると、お子様が5人という大家族のお宅でした。洗濯機をかなりフル回転しているとおっしゃられていました。まずは洗濯機のある洗面所へ案内していただきました。洗濯機にはエラー表示出ていました。洗濯機の底面や床をチェックしましたが、水漏れは確認できませんでした。おそらく、洗濯機と排水管をつなぐ部分か排水トラップあたりで詰まりが発生しているのかなという感じでした。そこで、お客様にどのような作業をしていくのか、そして最終的な見積金額をご説明しました。お客様からご納得いただけましたので作業を開始させていただきました。 洗濯機の移動をし、排水接続部分を取り外していきました。すると、排水エルボは汚れが結構詰まっていて排水トラップもヘドロのようなもので詰まっていました。その後の排水管の詰まりは起きていませんでしたが、念のために高圧洗浄機を利用して綺麗に清掃。その後に排水トラップや排水エルボも綺麗に清掃して再び元の状態に戻していき作業が完了しました。そして洗濯機を作動させてみると、エラーが消えて正常に動くようになっていました。お客様もホッとされていた様です。 洗濯機は生活の中で使用頻度が高いので詰まりが発生しやすいです。今回のお客様のようにお子様が多くて洗濯機の使用頻度が多ければなおさらです。お客様で解決が難しい場合はプロにお任せください。スピーディーに確実につまりの原因を特定して解決いたします。