突然警告音が鳴り響いてエラー表示された状態から動かなくなってしまった、そんな洗濯機トラブルに見舞われた大阪市淀川区のお客様から、慌てた様子でお電話をいただきました。
エラー内容で洗濯つまりが起こっているのはわかるものの、動かして調べてみようにも重たく手が出せずにお困りだということです。
洗濯機に問題が生じた場合に対処が難しいのが、やはり大きさと重さになります。
ご家族はお仕事や学校で留守にしており、一軒家のご自宅に残っているのは奥様お1人とのこと。今日中に直してもらいたいというご相談でしたので、急いで現場に向かうことになりました。

淀川区で洗濯詰り

綺麗に整えられたお庭を抜けて玄関先で出迎えてくださった奥様にご案内いただき、洗面台横に設置された洗濯機を確認していきます。
お使いになっているのは昨今人気のドラム式で、さすがに女性だけでは移動が難しい重量です。脱水の段階で止まってしまったという内部からは、水と洗濯物を取り除いてくださっていたため、すぐに作業に取り掛かることができました。
本体のほうは大きな問題が見られません。ですが、ホースを辿って排水エルボ、排水口の中を確認していくと、そこには洗濯物の繊維や髪の毛などが固まりになって溜まっていることがわかりました。
節水機能に優れているドラム式は少量の水で一連の作業が行える反面、排水の際に汚れが留まりやすいというデメリットもあります。
ホース内や排水口につまっているものを取り除く作業が必要であることをお伝えし、お見積もりを行ってから早速修理作業に入りました。
内部の洗濯ゴミなどは、トーラーを使って掻き出していきます。
主要な所を清掃し、排管内をカメラで見たのですが、つまりは比較的浅いところのみに生じていたため簡単に排除する事が出来たのです。
排水口まわりを綺麗に清掃した後に洗浄剤を入れ、残った汚れを下水に流して完了です。無事に水が流れていき、洗濯機が作動することをチェックして終了しました。
お1人では確認が難しい洗濯機に排水トラブルが起こりましたら、いつでもご相談ください。