洗面台の下から水漏れしているのですぐに修理に来て欲しいとご相談をいただき、至急、大阪市大正区のお客様のもとへ急行です。お伺いすると、築年数の古い木造アパートで経年劣化の可能性もあると考えながらさっそく現状を確認。
お電話を頂いてから、止水栓を閉めて洗面台の水は使用していないとの事ですが、下に受けている洗面器にはポタポタと少しづつ水が落ちていました。
どこから水が漏れているのか確認すると、トラップのつなぎ目からじわじわと漏れ出ているのがわかりました。
S型トラップには2箇所のつなぎ目があり、そのつなぎ目からの水漏れは、ナットが緩んでいたりパッキンの劣化などが主な原因です。
その部分のパッキンを交換して解決という方法もございいますが、今回は金属製の排水管に白や青のサビができていて劣化も見られます。
大正区にて洗面水漏れ
金属が腐食すると、パッキンの交換だけでは近いうちにまた排水管が折れたり破損という可能性も御座います。そのように説明をさせていただいて、新しいS型トラップに交換することとなりました。
まずは、トラップのつなぎ目のナットを外します。金属が摩耗して非常に硬くなっていましたがパイプの中には水が溜まっていますので、洗面器で受けながらそっと取り外します。

次に洗面ボウルの下のナットを外し排水栓をとります。そして排水溝側のパイプを引っ張り出したら取り外し完了です。
続いて新しいものを取り付けるのですが、この機会に排水溝の入り口をブラシで掃除してから、取り外しとは反対の順序で取り付けました。最後に開栓して水漏れがないことを確認し、周りをきれいに拭いたら完了です。
作業代金33,480円也
水漏れはなくなり、真新しいS型トラップに取り替えてお客様もホッとされていました。洗面水漏れは、水漏れという不具合だけでなく、毎日使うところが使えなくなるという不便が生じてしまいます。そんな事態に 早急な交換・修理対応をさせていただくことができました。