トイレつまりについてお電話いただきました。
トイレつまりにも、原因や状況がさまざまございます。いただいたお電話で概要をおうかがいして、対処の方法などをある程度は組み立てておきます。

鶴見区トイレの詰まり

今回は、大阪市は鶴見区に在住の方からです。
状況についてははっきりしています。
トイレを使われているときに、便器内にうっかり物を落としてしまい、気づかずに流したところ詰まってしまったとのことです。
おそらくはズボンに入れていたポケットティッシュだろうとのことでした。
お宅のトイレが使えないのは非常に不便なものです。すぐにおうかがいする事にしました。
一戸建てのお客様で、トイレは新しめのものでした。トイレつまりの原因の多くはペーパーの量や質によるもので、そのときには応急処置的にラバーカップを使ったり、私たちが使用するローポンプというさらに圧力の強いもので、圧力をかけることで奥に流し込んでいきます。
ですが今回は固形物ですので、奥に流し込んでも後々問題が出ることがあります。お客様にご説明して了承をえたうえで、便器を外すことで、原因のものを除去することにしました。
最終的には便器を外した上で異物の除去を行い、元に戻せばいいのですが、便器にはタンクがつながっておりますし、便器内にも水が入っています。
この水を抜き、設置する時の逆順で器具を外し、やっと便器一式を外すことができます。
ご自身でもできない作業ではないと思いますが、やはり手間のかかる作業ですので、私たちのような業者に任せていただければと思います。
トイレ室内の養生を行ったうえで、水をタンクと便器から抜き取り、給水管と便器からタンクを取り外します。それからナットやネジで床に固定されている便器を慎重に取り外します。
下からのぞくと、見えました。やはりポケットティッシュでした。これを取り除き、他には問題がないか確認です。
便器と床とは、ネジだけでなく、水漏れを防止するための素材が挟み込まれているのです。
ガスケットやパテと呼んだりしますが、便器を外す際にはこれをいったん剥がしてしまわなくてはいけません。
今回、元に戻す際にはこれを新しいものにいたしました。
そうしない場合、便器と床の間に隙間ができ、水漏れが発生するおそれがございます。
以上を行ってから 便器・タンクをもとの状態に戻します。
水も正常に流れることを確認し、今回の対処は完了となります。