大阪市住吉区にて洗面の水漏れ事例
排水より水もれが起こった場合は、浸水はもちろんのこと、それに伴う悪臭が漂うこともあり早急な修理が必要です。 今回は、排水管から発生した水漏れについての問い合わせが入ったのです。 洗面からの水漏れで、おそらく排水管が原因ではないかという事です。 詳しい状況は実際に確認してみないとわからないため、電話を受けた後、すぐにご自宅にお伺いしました。 大阪市住吉区のマンション上階にお住まいの方です。 洗面の水漏れ ご連絡通り洗面から水もれが発生しており、周囲の床が濡れている状態でした。 マンションであるだけに、水漏れを放置していると階下の天井に伝わるかもしれないとお客様も心配されていました。 排水管を確認してみると、お客様のおっしゃるように、洗面水漏れの原因は排水管にありました。 接続部分の緩みやパッキンの劣化などの原因が考えられますが、まずそれを確認する必要があります。 しかし今回の洗面水漏れは、配管自体そのものの劣化が原因の様です。 パイプに小さな穴が開いており、そこから水もれが起こっています。 洗面を使用し始めてから15年以上経過しているとのことで、明らかに経年劣化が原因と考えられます。 これらの排水設備は頑丈にできていて、水漏れなどの不具合が発生しにくいようになっていますが、頻繁に使用する箇所だけにやはり年数が経つと劣化は進んでいきます。 穴を塞ぐ応急処置を施せば水漏れを止めることはできますが、もちろんそれは一時的なことです。 排水管の劣化はさらに進んでいきます。 この場合は、排水管の交換が必要です。 お客様に状況をお伝えし、作業工程や交換にかかる費用についてご説明し ご了承を得た上で早速作業に取り掛かります。 交換作業の全てを迅速に終え、最後に水を流して、水漏れが発生しないかどうかのチェックを行いました。 問題はありませんでしたので、これで修理は完了です。 「一時は心配しましたが、すぐに修理してもらえて有難かったです」とお客様に喜んでいただけました。 弊社にご連絡いただければ早急に対処いたしますので、ご自宅の水回りに問題が発生した場合はぜひご利用ください。