今回は、大阪府住之江区にご自宅があるお客様からのご依頼です。
こちらのご自宅は、築30年という歴史あるご自宅でした。
お話を伺うと、風呂のつまりがひどくて困っているとのことでした。

住之江区で風呂排水のつまり

お風呂で水を流そうとするものの、排水がつまってしまっているためか、水が流れることなく逆流してくることがあり困っているようでした。
さっそくお風呂の排水をチェックしてみると、確かにお客様がおっしゃっていた通り、水が逆流してきます。
築年数的にもう厳しいのかしら・・・なんていいながら、お客様は苦笑いしていましたが、そんなことはありません、大丈夫ですとお伝えし、早速風呂の排水のつまりの修理へ取り掛かりました。
この様ないわゆる風呂つまりがあると、せっかく汚れを落としてすっきりするためにお風呂に入っても、あまりいい気持ちになりませんよね。
今回のお客様の現場は、特に風呂排水に髪の毛をはじめとしたゴミが、長年着々と蓄積し、さらにこれに石鹸などの成分も影響していると考えられます。
そのため、さっそくまずはたまった髪の毛やシャンプーなどの成分をどうにかするために、持ってきた空気砲でつまりを取り除きます。
この後は持ってきた圧力ポンプを使います。
この時水を流しながら、水も風呂排水の中に入るようにし、しっかりと汚れを洗い流していきます。
こちらのご自宅の風呂排水は、なかなかつまりが激しく、取り除くのに苦労しましたが、なんとか洗い流すことに成功しました!これだけでも十分のように思えますが、まだまだしっかりと洗浄するために、とてもパワーのある洗浄薬を活用します。
持ってきたパワーのある洗浄薬を風呂排水の中へ入れ、キレイにします。
これで後は細部の掃除をして、無事完了です。
風呂排水のつまりに対する掃除を終えて、後は水が風呂排水に流れてくれるかどうかの確認をします。
風呂排水は、しっかりと本来の役割を果たすかのように、水が流れていきました。
修理をする前の様な、水が逆流するというような事は全く起きません。
無事修理が完了したので、お客様にしっかりと水が流れていく様子を確認してもらいましたところとても喜び、安心していた様です。
これでお風呂も気兼ねなく入ることができると言って頂いたのと同時に、気になっていた臭いが無くなった事に対しても、とても喜んでくださりました。
このような大掛かりなつまりを修理するような状況にならないようにするためには、日頃からこまめに掃除をしてお手入れをすることがとても大切です。
このことをお客様に説明させていただいたところ、お客様は築年数がかなりたっていることが原因ではないということを知り、安心されていました。ちなみに、今回のようなケースの場合は、髪の毛やシャンプーの成分などといったものが混ざり合ったもものが原因となっています。
この場合は、嫌なにおいを発することへもつながるので、やはり衛生的にも良い状況であるとはいえません。
ただ詰まるだけではなく、嫌なにおいを発する原因にもなってしまうので、かなり注意が必要です。
このにおいの正体は、風呂排水の部分や下水管が関係している場合など、様々な原因もあるので、臭いが気になるな、なんていうときは、できるだけ早めに対応する事も大切なポイントとなります。
これらのことをお客様にアドバイスしたところ、風呂排水のつまりが気になるだけではなく、何か臭いがきになった時も、すぐに相談することにしますとの事でした。
早めの改善をすることが、風呂排水のつまりにとってもとても大切なことなので、その際はぜひよろしくお願いいたします。
意外と風呂つまりは自分でも修理することができそう、と思いがちですが、重度な物の場合はなかなか難しい部分もあります。