大阪市平野区にて風呂つまりの事例
浴室の排水口には身体の垢や髪の毛や体毛、石鹸カスにシャンプーリンスと、実にさまざまなものが流れ込みます。定期的に掃除をしているつもりでも気がつかないうちにいろいろなものが蓄積されていき、風呂つまりの原因となって排水を妨げてしまうことが少なくありません。 平野区にて風呂つまり 大阪市平野区のお客様からも、お風呂に入っていたら洗い場の排水口から水が溢れてきたと慌てた様子でお電話をいただきました。原因がよくわからないので今からでもすぐに見に来て欲しいというご希望でしたので、まずは現場で状況を確認させていただきます。 教えていただいた郊外の住所に向かうと、綺麗なお庭の一軒家玄関前に奥様がお待ちでした。早速、玄関脇にあるお風呂場を拝見しましたが、以前から少々水はけが悪くなっていたというお話しです。お聞きしていた通り、排水口には溜まった水と黒い汚れが浮かんでいました。ヘアキャッチャーを利用しており、大きな異物を落としてしまったという覚えもないそうです。 まず、ワイヤーの先につけたカメラで排水溝内部を調べてみましたが、奥のほうへ向かうとヘドロが管内にビッシリとこびりついている状態であることがわかりました。ご自宅を建てられてから40年近いということ、たまに中にクリーナーを流す程度で念入りな掃除をしていなかったとお聞きしたため、長年の汚れが溜まってしまったのでしょう。ただ、内部をクリアにすれば水の流れもスムーズに解消するはずです。 お見積もり後、ワイヤーブラシで大まかにヘドロを取り除いていくと、すぐに少しずつ水が流れていくようになりました。圧力ポンプを使って水の勢いで洗浄を行えば、汚れがそのまま剥がれ落ちてどんどん下水管へと押し流されていきます。仕上げに業務用の強力なパイプクリーナーを流し、より内部をクリアにすれば清掃は完了です。確認の為に水を流すと、滞ることなくどんどん排水口へと吸い込まれていくようになりました。 こうしたヘドロが原因の排水つまりは珍しいことではありません。異変を感じましたら、まずは気軽に後相談くださればすぐに対処いたします。