深夜に大阪府池田市の戸建てにお住いのお客様から、

「トイレに生理用品を流してつまってしまった。汚水が溢れそうなのでなんとかして欲しい」

とのご依頼がありました。

池田市にてトイレのつまり

お客様の元に急行し、現場を確認したところ、生理用品が水分を吸って肥大化して排水管の奥で完全に詰まっており、汚水が溢れる寸前の状況でした。

ご自分で詰まりをラバーカップで何とかしようとして、逆に悪化させてしまったようです。

お客様に作業方法の説明と作業料金の見積もりを提示させて頂いたところ、了承を得ましたので作業に取り掛かることになりました。

状況から判断し、今回はハイスパットを使用することにしました。

ハイスパットを使った作業では、頑固な詰まりを解消することが出来ます。

この機材は便器脱着後の排水管に直接圧を掛けることも出来ますが、

恐らく手動の道具では一番強力な圧力を掛けることが出来るでしょう。

ハイスパットは圧力の調整が出来るので、強力な圧を使いつつも便器が割れてしまわないようにその力をコントロールします。

まずはハイスパットを使う前に、前準備を行いました。

最初に便器に溜まった汚水を少しだけ残して取り除きます。

次に、作業の際の汚水飛び跳ね防止の為、便器を丸ごと大きなビニールで覆い、ハイスパットを差し込む穴をビニールに開けます。念の為、床や壁にもビニールで養生を施しました。

前準備が終わったら、ラバー部を便器の中に入れ、圧力ゲージを見ながら空気入れのようにポンプを使って2~3キロまで空気圧を溜めます。

ハイスパットの弁を開けると、溜めていた空気が一気に噴射されて汚水と詰まりの元を下水に押し出しました。

お客様と一緒に、水がちゃんと流れることを確認した上で養生等の後片付けを行い作業完了です。

「深夜にトイレのつまりが起こってしまい、本当に困っていたので助かりました」

と、お客様にも大変喜んで頂けました。

また何かお困りの事がありましたら、お気軽にご一報ください。

この度はご利用有難う御座いました。

参考作業料金トイレ詰まり:14000円(税抜)