大阪市鶴見区にて洗濯詰りの施工事例
洗濯をすると、排水口から水が溢れてくるので見てほしいと相談が大阪市鶴見区の方からありました。なるべく早く来て欲しいとのことだってので、スケジュールで可能な限り早くお伺いしました。 お客様の家は集合住宅で、見た目では築年数もそんなに経過している感じではありませんでした。さっそく洗濯つまりを確認してみると、洗濯パンがあるため床までは濡れていませんでしたが水が溢れていました。 洗濯つまりを解消するには、蓄積された汚れなどのつまりを解消する必要があります。洗濯つまりの原因は、日々の洗濯で出る糸屑や洗剤などです。日頃から気を付けていても時間とともに蓄積していきます。集合住宅によっては、管理会社が1年から2年ごとに配水管の洗浄をしてくれるところもあります。忙しかったりするとタイミングが合わず洗浄できなかったりしますが、定期的に洗浄することで予防できます。とくに、排水口は自分では掃除しにくい箇所なのでプロにしてもらうと良いです。 大阪市鶴見区 洗濯トラブル 排水詰りには高圧洗浄と金属ワイヤーを使う方法がありますが、今回は金属ワイヤーを使用して作業を行いました。 高圧洗浄の場合はどうしても音が大きくなるため、集合住宅だと近所に迷惑になる可能性もあるためやめました。 金属ワイヤーは先端がとがっていて、蓄積した汚れに穴をあけられるようになっています。今回はつまりがあまりひどくなかったため、ワイヤーもそこまでの長さも必要がありませんでした。ただし、ワイヤーの先端が尖っているため、気を付けて作業を行わないと配水管に傷をつけてしまう可能性があります。汚れを貫通させると水が流れるようになりました。貫通できたらその後に薬剤を流します。薬剤を流すことで、汚れをとかして排水の中をきれいにすることができます。最後に洗濯機を回して、水が流れていくことを確認できたら作業は完了です。 戸建てや管理会社によって定期的に排水口を洗浄できない場合は、自分で掃除する事で洗濯つまりを防げます。しかし、洗濯機が置いてあるため排水口が目視できなかってり、掃除が困難なことが多いです。台所の排水口のように気軽に掃除が出来ない為、長年の汚れが蓄積していきます。 自分で掃除するためには、洗濯機の置き方を工夫すると良いです。洗濯機の排水トラップはいくつかの部品が合わさってできており、比較的簡単に取り外せます。ただし、排水トラップを戻すときは注意が必要です。しっかりと排水トラップをしめないと下水の臭いが上がってくることがあります。せっかく掃除をしたのに、今度は臭いに悩まされる可能性があります。掃除も難しいものではなく、スポンジといらなくなった歯ブラシなどを使って汚れを落とすだけです。専用の道具なども必要ありません。ただし、長年放置された状態になっていると汚れがこびりついて簡単には取れないこともあります。そんなときは、お湯にしばらくつけてから掃除すると取りやすいです。排水口に汚れがたまっていると、その汚れが配水管に一気に流れてつまることがあります。 排水口が汚れている場合は綺麗にする作業も行います。せっかく詰りを解消しても、後から排水口に溜まっていた汚れにより、また不具合を起こす可能性があるからです。 洗濯つまりになっても作業自体はそこまで時間はかかりませんが、、大量の水が漏れてくると床が汚れて掃除も大変になります。 洗濯機は毎日使用する家庭も多いため、日頃からきれいにしておくことで詰りを起こさない事が出来ます。お風呂が使えなくなるようなような不便さはなくても、洗濯機が使えなくなると日常生活に支障が出てきます。