料理や洗いものをしている時に排水口にスムーズに水が流れていかなくなったことに気がついたら、なるべく早い段階でご連絡をいただければ幸いです。
何らかの原因で水の流れが妨げられて、台所つまりが発生してる可能性があります。
こまめに掃除をしていればそうつまるようなことはないだろうと思われますが、気をつけていても油汚れや食材などが流れ込み、排水管に汚れをこびりつかせてしまっているケースが多いのです。
この度、大阪市北区郊外にお住まいになっているお客様からも、洗いものの最中に以前から感じていた水の流れの不調が悪化したようだとお電話を頂きました。排水口から何かが腐ったような悪臭もするそうで困っているというご相談です。
この後もご在宅ということで、早速現場に伺うことになりました。

北区での台所つまり

教えていただいたご住所にあったのは趣がある一軒家で、大切にお手入れされていることが感じられるものの、かなりの築年数が経っているご様子です。迎えてくださった奥様のお話しでは50年近く前に建てられた家だそうで、リフォームされたという台所も20年以上ご使用とのこと、長年の汚れが排水管内部に溜まっていると思われます。
早速確認作業に入りましたが、予想通りに油と食材、洗剤などが固まったヘドロがこびりついており、排水管を狭めてしまっていました。
ただ、他には問題がないようですので、このヘドロを取り除けばスムーズな水の流れに戻るはずです。
そうお伝えすると、あまり大掛かりな修理にならずに済んだとお客様も安心されているようでした。
トーラーワイヤーを使って丁寧に内部の汚れを落としていくと、みるみるシンクの水が流れていきます。
その後、仕上げにアルカリ性の強力クリーナーを流して酸性の汚れを分解、排水管をクリアにして無事に修理は完了です。
お客様には久々に臭いも気にならずに気持ちよく料理ができそうだと、お喜びの声をいただきました。
気がつかないうちに堆積してしまっている台所の汚れは、放置しているとどんどん状態を悪化させてしまいがちです。
ご相談いただければすぐに修理が可能な場合も多いので、まずは気軽にご連絡ください。