先日、大阪府にお住まいのお客様の風呂つまりを修理してきました。
午前10時頃当社に電話で「風呂排水がつまっているようで、水が流れにくくなってしまった」と問い合わせがあり、当日中に直せるよう、急いでご自宅に向かいました。

生野区でお風呂詰り

お客様は築20年ほどの一軒家で大阪市内の方でした。
奥様から軽く話を聞きながら風呂を見せてもらうと、排水の流れが悪いようで、洗い場に水が溜まっていたのです。
奥様によると、先日誤って排水口にシャンプーボトルの蓋を落とした様で、そのまま排水管に流れて行ったので、それが原因かもしれないとのことでした。
ボトルキャップを流してしまった後もしばらくは排水できていたので、数日様子を見ていたのですが、風呂掃除をしていたところ、いよいよ排水の流れが悪くなってしまい、当社にお問合せいただいたそうです。
奥様としても費用が気になるとのことで、先に概算で見積もりを出し、納得していただいてから作業に取り掛かりました。
作業の流れとしては、まず排水管を調査しました。
これはつまりの原因となる異物が排水管のどのあたりにあるか確認するためです。
次に、専用の道具を使って異物を取り除きました。
今回は排水管の中でも比較的取りやすい位置にあったので、最初の見積もりから追加料金なしで取り除くことができました。
仕上げに、薬剤を使って残った汚れや異物を溶かします。
今回のようにつまりの原因になっている固形物を取り除いたとしても、髪の毛や石鹸のカスが蓄積されると、将来つまってしまう可能性があるので、その予防のためにも行いました。
作業時間は、奥様が忙しくなる夕方までかかることなく、早めに終えることができました。
ボトルの蓋などの固形物を流してしまい、排水できなくなってしまう事例は多くありますが、まずは固形物を排水管に流した段階で、水道修理業者に相談するようにしてください。
固形物を流したままにしてしまうと、そこに髪の毛などの汚れが蓄積され、深刻なつまりになる可能性があるので注意してくださいね。