大阪市平野区にお住いの方から、トイレつまりでご相談のお電話をいただきました。トイレから水が流れていかず、ラバーカップなどを使ってみても改善しないとのことでした。
お電話で概要を聞く限りでは、何か固形物をつまらせたということではなさそうです。
トイレは毎日に何回も使うもの、水回りのトラブルでもなるべく早い対応が求められます。すぐに手配をしておうかがいすることにしました。

平野区にてトイレのつまり

一戸建てのお宅で、シャワートイレが設置されている新しい設備のトイレです。
確認しますと、確かに便器の上のほうまで水が溜まっていて、いっこうに水が下に流れていきません。
こういうときに応急でラバーカップをお宅では使われることが多いかと思いますが、単にペーパーがつまっているだけならよいのですが、水に溶けないもの、たとえばナプキンやおむつなどが詰まっているときにはかえって悪化してしまう場合があります。
トイレの場合は衛生的な問題もありますので、作業の前に周囲の壁などにきちんと養生をしてから作業を行います。
固形物などを落とした、何かを誤って流してしまった、ということはないとのことでしたので、ペーパーの量が多かった、もしくは硬めのペーパーを使われたことが原因かと推測しました。
トイレつまりで主に用いるのはローポンプと呼ばれる圧力ポンプです。ラバーカップより数倍の圧力をかけることができます。
最初の選択としてはこれを用います。
詰まっているものを吸い出すというよりは、圧力をかけることで詰まっているものに力をかけて、形を変えることを試みます。それによって水の通る道ができ、つまっているものが抜けていきやすくします。
今回はこれで解決しました。何度か圧力をかけ、水が通常に流れることを確認いたしました。
やはりペーパーを多くいっぺんに流したことによるものだったようです。
トイレのつまりにはこのほか、尿石やそのほか異物によるつまり、トイレの先の下水の排水が原因のものもあります。
その原因にあわせた対処が必要になります。
今回はスピーディーに解決でき、お客様にも喜んで頂けました。