風呂排水の詰りで困っている方から、修理改善の依頼があったのですが
現場は、大阪狭山市のマンションにお住いの主婦の方です。
日頃から排水の悪さを感じておられたそうですが、ついにつまってしまったとのことです。
毎日使用する浴室のトラブルですから、もちろん早急に対処する必要があります。
ご自宅にお伺いして状況を確認させていただきました。
洗い場の排水口から水が溢れており、確かにつまっている状態です。
時々水の流れが元に戻る瞬間もあるようですが、結局はつまってしまいます。
風呂つまりには様々な原因がありますが、日常で使用する際に生じる髪の毛や石鹸、皮脂などの塊や汚れが流れを防いでいることも多いです。
詳しく排水口の内部を調べたところ、何か固形物の様な物が詰まっていることがわかりました。
お客様に思い当たるフシはないとのことですので、家族のどなたかが落としたものか、あるいはかなり以前に気がつかない状態で落としてしまったものかもしれません。
異物は排水管の近くまで到達しており 落とした異物がどの付近にあるかによっても違いがありますが、こういった場合はご自身で除去するのは難しいことが多いです。
無理をすると、かえって固形物をさらに奥に押し込んでしまうこともあります。
お客様に作業工程をご説明し、お見積りのご承諾を得ましたので、早速作業に取り掛かりました。
大阪狭山市風呂つまり
専用の用具を使って、順調に固形物を取り除くことができました。
つまっていた固形物は、シャンプーかリンスのキャップです。
そのようなものがつまっているとは想像していなかったことで、お客様は驚いていました。
固形物自体は小さなものでしたが、それが排水口の奥でとどまり、日常の使用で流れてきた髪の毛や石鹸のカスなどが付着して大きなものになっていました。
固形物はそのまま流れてしまう場合もありますが、今回のように中にとどまって汚れなどで大きくなり、最終的に水の通りを防ぐケースもあります。
排水に何かトラブルがあった場合は、ご連絡いただければ早急に駆けつけて対処いたします。
今回のお客様も、早く排水つまりが改善したことで安心されていました。