大阪府和泉市の方からお風呂の排水から水が逆流してくると相談がありました。お家は分譲マンションでユニットバスのタイプでした。早速お伺いして確認をすると、浴槽の排水がつまっているようで浴槽の水を流そうとすると逆流してきます。お客様も市販の洗浄剤でお風呂つまりを解消しようとしたそうなのですが、全く効果がなかったそうです。

まずは排水口に機材を挿入てお風呂つまりの元になっているものを粉砕していきます。お風呂つまりは入り口付近ではなくもっと奥のパイプの方でした。つまりの原因を粉砕できたら、水酸化ナトリウムという劇薬を入れて排水パイプを綺麗にします。市販の薬剤と違って劇薬なので取り扱いには十分注意が必要です。機材で粉砕をしても細かい汚れが残るので薬剤で綺麗にする必要があります。最後に水がきちんと流れていることが確認できたら作業は完了です。水が流れていかないとお風呂に入れないためとても不便です。毎日銭湯に行くのも大変なのでできるだけ早く修理を希望される方も多いです。今回もスケジュール調整をして可能な限り早くお伺いさせていただきました。

お風呂つまりの原因の多くが髪の毛です。髪の毛が配水管に流れていかないようにしてあったりしますが、日々お風呂で髪を洗うことで少しづつ流れて行きます。それが蓄積していき、そこに石鹸カスなどが付いて固まっていきます。毛髪等が流れていくことを防げばほとんどのお風呂詰りは防げます。しかし、完全に流れないようにするのは難しいのですが、排水口に置くタイプのネットなどを置くなどの対策をすることが大切です。ユニットバスの場合は排水口の形もさまざまな種類があるので、形にあったネットなどを選びます。市販で手頃な価格で売られているので、お風呂がつまって修理を依頼するよりも費用を抑えられます。こまめに掃除をして定期的に市販の薬剤でお手入れをするのも予防になります。

お風呂は日常的に使用するものなので、その都度流れた髪の毛を取り除く様にします。

和泉市風呂つまり