大阪府の池田市のお宅から、風呂水漏れについてお電話をいただきました。

池田市の風呂水漏れ

水漏れの箇所はお風呂場で、シャワーを使っている間(カランを開いている間)に、シャワー部分からだけではなく、ホースのどこからか水が漏れて勢いが弱くなっている、ということでした。応急処置でビニールテープを巻いてみたものの、すぐにはがれてしまってまた水が漏れる、ということです。
修理をお願いしたい、ということで早速うかがいました。一戸建てのお宅です。築年は浅く、15年ほどとのことでした。まだお風呂も見た目は新しく、きれいに使われていらっしゃいました。
お電話ではホースの部分からとのことでしたが、念のためその周りも確認します。
浴室周りの水漏れとしては、水栓とホースの継ぎ目となる部分(「エルボ」と呼ばれる金具です)、ホースそのもの、ヘッドの部分などがあります。
それぞれ、どのように水が漏れるかで判断ができます。今回はお客様がおっしゃるようにカランを閉じているときには水漏れが起きないことを確認しました。また、カランを開いた状態でもヘッドのボタンで水を止められるタイプのものでしたが、ここで水を止めるとホースから水漏れが起きます。
やはりホース本体に問題があります。
シャワーホースも経年で劣化していき、おおむね10年前後と言われています。使い方や環境にもよりますが、そのあたりでホースに裂け目などができることも珍しくありません。
ホースそのものについてはビニテなどで応急処置はできますが、それで全体的な劣化が止められないのでホースそのものの交換をおすすめしています。
ホースに穴が開くだけでなく、各部品の継ぎ目部分も劣化していきますので、そうなってしまうとテープでは処置しきれません。
今回も、シャワーホースを交換することで対応を行いました。
部品交換を行って、水の流れを確かめます。
「こんなに勢いが強いのを見たのは」と満足そうでした。作業代金16,200円也(税抜き)