大阪府泉佐野市での洗面の水漏れの施工事例
大阪府泉佐野市の方から洗面水漏れの相談を受けました。お伺いしてみると、築年数の経った一軒家でした。築年数が経っていても、洗面所ら掃除やお手入れが行き届いてとても綺麗に使われていました。 さっそく水が漏れいる箇所の確認をしましたら漏れていたのは、排水管のつなぎ目でした。 洗面水漏れの場合 排水トラップか蛇口からの水漏れがほとんどです。 泉佐野市洗面水漏れ 今回お伺いしたお宅は、洗面水漏れの原因が排水管の劣化によるものでした。 排水管が金属製のもので 錆びているので漏れいる様です。排水管部分の明確な寿命は決まっていませんが、今回のように錆びが出てきたら交換時期の目安です。また錆びが出て来て放置していると穴があいてそこから水漏れをすることもあります 排水管部分にはプラスチック製と金属製があります。プラスチック製はホームセンターの様なところで部品が手に入ったり、自分で交換することも可能です。しかし金属製の場合は、自分で交換したり修理するのはお薦め出来ません。まずは部品などが日曜大工用品店で簡単に手に入らないからです。また作業自体も金属製のパイプをカットするのに専用の工具が必要になったりと難しいです。たとえ専用工具があってもプロでも気を抜くと大ケガにつながるおそれが御座いますので。 作業は止水線を閉めて水を止めてから行います。古い配線パイプを取り外して新品の物に交換致します。取付するときにはその洗面に合うように長さをカットして調節します。新品の物に取り換えて、再度漏れがないかを確認できたら作業は完了です。 洗面台の下の収納部分に物がたくさん入っていたり、あまり開けることなどがない場合は、たまに排水パイプを確認した方が良いです。水漏れをしてからだと掃除などが大変になります。錆びだけでなく、ひび割れといったみためでも分かりやい交換時期の大まかな検討が出来ます。プラスチック製(ビニール蛇腹)なら、触ってみてカチカチになっていたら交換時期の目安になります。