大阪府の中心地である梅田エリアは全国でも有数の繁華街として発展し、大阪市北区と言う正式名よりも「梅田」との呼び名が定着しているエリアです。
JRや阪急、阪神、大阪メトロ、京阪電鉄等鉄道の始発着駅が密集しているエリアで駅周辺の大型再開発とともに商業施設や高層ビル群が立ち並ぶ中、古くからの駅近隣の飲食街があったりと新しさの中に味わいも残る西日本最大のエリアと言っても過言ではありません。

大阪市北区にて洗濯のつまり

そんな新しくも趣のあるエリアで、日常生活に必要な水回り設備のトラブル対応に当たらせて頂いている弊社ですが、トラブルの中でも多いのが各設備で起きる排水つまり。
トイレからキッチン、洗濯排水までやはり人の生活が盛んになればなるほどトラブルの案件も多くなりがちで、この度対応させていただいたお客様も大阪府にお住まいのお客様でした。
大阪市北区は一見すると商業施設や駅周辺施設に目が行きがちですが、実は関西でも各大学が籍を置く場所として非常に多くの学生さんが生活されています。
今回お伺いしたお客様も男子大学生で、数日前から洗濯の排水が流れにくくなり、ついには詰まってしまったと洗濯つまり解決でお電話頂いたようです。
早速現場にお伺いしたところ、お住まいは学生マンションの一室で講義はお休みとの事でしたが、バイトに行く前に作業を完了して欲しいとのご依頼で、料金をご説明後早速作業開始。
まずは流れなくなった洗濯機内の水を桶で汲み取り、浴室に洗濯物を出した後症状を確認すると、洗濯機のエラーは検出されず水は少しづつですが流れていることを確認しました。
そこで排水ホースの根元を空けたとたん転がり落ちてきたのは小銭で、500円玉が3枚と10円玉が6枚ホースの中から出てきたのです。
お客様いわく以前酔って帰ってきたときになくしたお金かも知れないとの事でしたが、どうやら洗濯機のセパレーターの隙間から小銭が侵入し排水ホース内につまってしまったと考えられます。
さらにはそれにゴミが絡まり、それが原因で洗濯の排水つまりが起きていたのですが、同時にホースの根元にダメージを与えていたので現状を確認して頂くと交換を依頼されついでに交換作業も行いました。
今回は洗濯機に重大なトラブルを引き起こす前に対処できましたが、洗濯のつまりは放置すると洗濯機自身にも影響を与えますのでつまり等がある場合は、お早めにご連絡いただければ迅速に対応させていただきます。