洗面つまりを起こしたとのことで依頼されました。お宅はオートロック式のマンションでお住まいは大阪市住之江区のお客様からです。植物が好きなようで、玄関には観葉植物や切り花が飾られていました。洗面詰りで多いものが髪の毛の詰りです。ご依頼主さんは洗面所で朝の洗髪を行うそうで、それが原因で詰まったのだと考えられます。洗面で髪を洗う習慣がある方は、詰りに注意が必要です。また、朝の身支度で髪ををとかしていると、排水に髪が散らばり入りやすいです。それをそのまま排水管に流してしまうとつまることがあります。

話しをお伺いしたところ、水を流すと上の方にまで水が溜まってしまうということでした。最初は少し流れが悪いかなという程度だったけれど、次第に流れの悪さが悪化するようになり、水位が上がって洗面ボールから水があふれそうになることがあるそうです。実際水を流してみると洗面ボールの3分の1くらいのところまで水位が上がってきます。

調べてみたところ、洗面台の下の排水管が詰まっていました。さいわい、つまっていたのは排水管だけで下水管の方はつまっていません。下水管までつまっていると下水管の洗浄が必要になります。台所の場合は油でつまってしまうことがあり、一度つまると汚れが頑固でなかなか解消しないケースが多くあります。この方の場合は洗面ボウル下の排水管のみのつまりであったため、作業は比較的簡単でした。

住之江区で洗面つまり

このお宅は洗面台下に洗濯洗剤や柔軟剤などを収納していたので、まずは洗面台下のものをどかします。そして、水が下に垂れて汚れないようにタオルを敷いておきます。そして、排水トラップというものを取り外します。排水トラップは排水管の悪臭が逆流しないために防ぐものなのですが、つまりやすいという性質もあります。ゴミがたまらないように排水口に受け皿が設置されているのですが、受け皿を取り外した状態で水を流したり、受け皿に汚れがたまったままで水を流し続けると、老廃物が蓄積をしてつまってしまうことがあります。

取り外してみると予想していたように大量の髪の毛がたまっていました。これを丁寧に取り除いていきます。洗浄が済んだら取り外しとは逆の手順で取りつけを行います。

ここまでで依頼されたことに対しての修理は完了なのですが、パイプ内もだいぶ汚れていたようなのでお客様と相談をしてパイプを洗浄剤を使ってきれいにする工程も追加です。

業務用のものは市販のものよりも洗浄作用が高いのですが、劇薬に指定されているため一般の方が購入することはできません。また、使用の際に強い刺激を感じるので換気を十分に行います。パイプ内に薬剤を流し込み、その後に水を大量に流して薬剤を洗い流します。

すべての作業が終了をしたら、つまりが解消されているかをお客様とともに確認をします。水を流してみると、作業前とは違いきちんと排水されていることがわかります。水位が上がってくることはありません。問題がなかったので無事に作業が終了しました。今回の作業は30分ほどで終了しました。洗面つまりを放置していると、今回のように水位が上がってくるという状態になってしまいます。パイプユニッシュなどの市販洗浄剤で洗浄してみるという手もありますが、今回のお宅は市販のものを使用しても改善しなかったようです。たまっている老廃物が多いと市販のものでは対処できなくなってくるので、この場合は専門家に依頼をしてください。正しい知識で洗面台下を分解して洗浄作業を行い、必要であれば一般の方が購入できない業務用の洗浄剤を使用して洗浄をしていきます。どこがつまっているのか?何が悪いのか?しっかり見極めて作業を行うことが大切です。まずは調査からはじめてみませんか。ひどいつまりでない場合なら短時間で作業が終了し、その日のうちに洗面台を以前のように快適に使用できます。