梅雨に差し掛かり毎日の天気に一喜一憂するようになると、洗濯機関連のご依頼が増えてきます。
雨の間に溜め込んだ洗濯物を一度に洗濯しようとして排水のつまりなどを起こすトラブルが意外と多いからです。
その日の仕事も洗濯つまりに関するものでした。
大阪府の大阪市生野区にお住いの男性から、洗濯機の調子が悪く排水が上手くいかないといった内容のご相談を受けました。

生野区で洗濯排水つまり

一人暮らしを始めてしばらく経つものの、仕事が忙しく自宅で洗濯をする機会があまりなく洗濯機の整備や掃除などもほとんど行っていなかったとのことでした。
電話では具体的な症状がわかりにくかったので、すぐに現場に伺うことにしました。
お客様の部屋に到着してみると、洗濯機はベランダ側に出されており長い間に風雨に晒されかなり傷んでいるようでした。
改めてお客様の話と現場の様子を見て状況を整理してみると、洗濯機の排水回りに異物が入るか何かしてつまりを引き起こしていると考えられました。
ただしホースが差し込まれている排水溝が洗濯機の裏側に隠れているタイプだったので、正確に調べるには洗濯機を動かす必要があります。
備え付けられてから時間が経っていたのでゴミなども多く挟まっており、お客様の部屋を汚さないように作業するのに気を遣いました。
洗濯機をずらして排水ホースの先を調べていくと、やはり床下に向かう途中で異物がつまっているようでした。
洗濯物を洗った際に出る糸屑などが沈殿してつまりを引き起こすこともありますが、この場合はもっと直接的に何か外から飛んできたゴミなどが入り込んでしまったと考えた方が自然です。
一旦ホースを防水用のフタから取り外し、ゴム手袋をして中身の掃除に取り掛かります。
洗浄剤も使用しますが基本的には丁寧に手とブラシでこびり付いた汚れを除去していきます。
小石や砂利のようなものが多く出てきたので恐らくこれがつまりの主原因だったと思われます。
掃除を終えて排水ホースを元に戻し、排水チェックで問題なく水が流れることをお客様に確認していただき無事に作業完了となりました。