洗濯の排水溝が詰まってしまったという依頼がお願いされました。
そのため依頼があったご自宅に向かうために車を出してご自宅の方まで伺ったのですが依頼主の方がすぐに出迎えてくれて問題の排水溝まで案内されました。
大阪は旭区のご自宅で洗濯詰りの依頼でしたが、洗濯機の陰に隠れている場所に排水口があったのでこれはなかなか難儀な仕事です。
排水溝は詰まっており水があふれ出ているという状態だったのですが、まずは洗濯の排水ホースを取り外す作業から取りかかります。
ゴム手袋を装着して排水溝の中を手で突っ込んで詰まっている髪の毛や埃の塊を書き出していきます。

洗濯つまり旭区

ですがすぐ手前にあった不純物はすぐに取ることができたのですが、結構な汚れが詰まっている物があったのでそれらはピーピースルーという不純物を溶かしてくれる溶剤を使用します。これらを排水溝に流し込んで20分ほど経過したあとにかき出し棒をつっこんで詰まっていないか確認した後にすべてを元に戻します。
そして洗濯機を脱水モードにして水がきちんと流れているのかを確認したのちこれで修理は完了となります。作業代金19,440円也ついでも洗濯機の汚れを溶剤で溶かして洗い流しておきましたし、このことは依頼主の方に非常に喜ばれた要素だと思います。
元に戻す際に劣化している排水ホースも新しい物に好感しておきました。これで排水ホースが原因で詰まってしまうという事はありませんでし、できれば半年に1回のペースで取り替えてほしいのですが、まあそれは依頼主さんのご都合ですので私からは何もいいませんでした。
私は手順は簡単ですので簡単にできる排水溝が詰まった時のケア方法を依頼主さんに教えました。
ですがその方は高齢でしたので教えたとしても覚えて実行できるかという事はわかりません。
もしかしたらまたトラブルが発生し依頼される可能性もあるのですが、私はできる範囲の事柄を教えるようにしているのでこれらの方法をいかされたら幸いだと思います。