大阪府にお住いのお客様からご依頼を頂き、出張修理を行いました。場所は大阪市生野区で、ご高齢のご夫婦が住まわれている一軒家へ出動します。
頂いた最初のお電話では、「洗面から水もれがしてる」とのことでした。
生野区洗面水漏れ
洗面水漏れというと、洗面台の下の収納に入れているものが濡れていることからそれに気づくことが多いようです。
パイプが取れてしまって蛇口を回した途端に下から大量の水が流れてきた、というような状況でない限り、なかなか漏れを発見することができないのでしょうね。
ポタポタと水が落ちてしまっていて、見つけたときには大惨事ということも少なくありません。
今回のお客様の場合は、収納の中に毎日使う洗剤を使用していたとのことで、幸い漏れが発生してからすぐにお気づきになられたようでした。
スタッフがお宅に伺うまで少々混んでおり20分ほどかかりましたが、現場を見せて頂くと、洗面台の下からは荷物がすべて出されていました。

複数あるパイプの下にはタオルが敷かれてしましたが、すべて水を含んでぐちょぐちょになっています。
しかし、タオルに浸みた水が汚れていないところをみると、排水管の不調ではなく給水管の方に何らかのトラブルが起きているようです。
そこで、そちらを確認してみると、やはり管の途中から水が溢れるように出てきているのがわかります。詰まり等ではなさそうでしたので、パイプを分解すると固くなったパッキンを見つけました。
おそらくこれが原因だろうということで、パッキンを新しいものに交換すると、無事、水漏れはなくなりました。お客様にもお喜び頂くことができたようです。
給水管の修理は、今回のパッキンの交換のようにお客様の手で行うことができるものもあります。
しかし、専用の道具をお持ちでない場合はとても時間がかかってしまったり、新たなトラブルを招く場合もございます。
弊社スタッフはお電話一本で現場までお伺いしますので、まずはぜひご相談くださいね。