大阪市北区の一戸建てにお住いのお客様から、「入歯を家族がトイレに不注意で落としてしまった。
自分では手の施しようがないので何とかして欲しい」との依頼です。

大阪市北区トイレつまり

早速お客様のご自宅に急行し、状態を見た所 落としたのはご家族が用を足して水を出した後の様です。その後トイレは使用していない為、便器内の水が上がってきたりしていることがないのが幸いでした。
また、水を流していないので落下物が下水管までは流れていっていない可能性が高そうです。
しかし、実際に便器の中に手を入れて確認したのですが、入歯は手で届く範囲にはありませんでした。
お客様に状況を説明し、便器を取り外して入歯を取り除くことを提案しました。
見積もり等にご納得頂けましたので、早速作業を開始しました。
まずは止水栓を閉め、壁からタンクへと繋がっている給水管を取り外します。
次に、タンクのレバーを回してタンク内の水を流して空にします。便器に残った水はポンプや雑巾で抜き出しました。
最後に、便器を解体します。
便座からタンクを外しますが、タンクは陶器の為、破損させないように丁重に持ち上げます。
床に留めてある便座のビスをレンチで外していき、便器を完全に取り外しました。
便座をひっくり返してみると、入歯がそこに見えました。
やはり、途中でつまっていたようです。
トイレつまりの原因を取り除きましたので、今度は外したときと逆の工程で便器やタンクを取り付けました。
取り付け後、念の為水を流して漏れや詰まりがないことをお客様と再確認して作業終了です。
無事に入歯も見つかって、お客様も良かったと安堵されていました。
今回のように固形物をトイレに落下させてトイレ詰りが起きた際は、ラバーカップ等で詰りの原因を押し流す方法は避けた方が賢明です。
便器の取り外しをして解決する方法が一番ですが、自力で作業するには技術と知識が必要な為、プロに相談することをお薦めします。今回の作業代は消耗部品と工賃合わせて45,360円也