大阪府大阪市旭区にてお風呂詰まりの事例
大阪市旭区を中心とした水道工事を担当しています。古い住宅街から比較的新しい戸建て、高層マンションも並ぶと言うこともあって普段から作業用の車には様々な部品を用意して即時対応できるようにしています。そのような中でもある一軒家のお風呂の詰まりの対応についての事例紹介です。 風呂つまりで連絡を受け、お宅に伺ったところ築15年でさほど古いわけでもない一戸建ての住宅でした。   旭区にてお風呂詰まり   まずは奥様に症状を伺ったところ、洗い場の排水が詰まるとのこと。洗い場の水だけではなく、浴槽の残り湯を流そうとしても洗い場に排水がたまり、水たまりのようになってしまい困るとのことでした。     実際に洗い場の詰まりを確認したところ、髪など汚物が多少残っているもののひどい状態ではありませんでした。もちろん、多少たまった水も少し時間が経って流れてしまうくらいです。逆にひどいのは浴槽から排水する際の詰まりです。少し湯船をためて流してみたところかなり洗い場の排水溝からも水が溢れてくるレベルになっていました。 これは単に流し口を綺麗にしたくらいでは解消しないだろうということもわかりました。 そこで浴槽を外し、排水溝の掃除をさせてほしいという話をお客間にしました。実際は経年で汚れが溜まったものだと推測されます。仮に大きなものが突然詰まってしまうといきなり詰まるので症状は突然でます。お客様に聞くところでは徐々に今の状態になってしまったということ。 浴槽のタイプからも簡単に外せることができ、掃除がしやすいタイプの浴槽、施工であり助かりました。こうした場合もなかなか融通が効かない場合はこまるものです。 実際には一人ではきついのでもう一人呼び、浴槽を動かすことを行いました。予想通りかなり、流し口から髪の毛などがながれこみ、結果的に洗い場からも逆流しています。 お客様にはふだんから網などをつけて、極力影響が出ないようにアドバイスをして無事作業終了となりました。