トイレ水漏れでお困りとのご相談を受け、お客様のご自宅へお伺いしました。戸建てのお住いは、築30年になるがトイレのリフォームはこれまで行ったことがないとのことです。
便器にいつまでもチョロチョロと水が流れている場合は、フロートが劣化し溶けて隙間から水が漏れてしまっているのが原因です。
もしくは、ボールタップが壊れていて、タンク内で一定以上の水が溜まってしまうことも水漏れの原因となります。大阪市生野区にお住いのお客様のトイレタンクを拝見すると、フロートとボールタップの両方が経年劣化のため壊れている状態でした。

生野区でトイレ水漏れ

まずは、タンク内の水を抜き、止水栓を止めて水が出ないようにしておきます。
次に、床が汚れないように養生シートを敷きます。準備ができたら、タンクの蓋を開けてフロートを取り外すと溶けたゴムが真っ黒く手に付着するくらい劣化していました。
新しいフロートを装着する前に、タンク内の汚れを拭いておきます。フロートに付いているチェーンのフックをレバーに掛けたら、レバーを回しフロートゴムが開くか確認。
チェーンの長さをうまく作動する様に微調整し、ベストな位置を探すのがコツです。
次に、止水栓に繋がっているフレキ管の六角を外して、内部部品鵜を順番に離します。
更に、部品を留めている金具を工具で外していきます。新しい部品にに浮きを取り付けますが、この時に浮きの位置が上過ぎるとタンク内に水が溜まりやすくなるので、位置は下方になるようにしておきます。
給水ホースを取り付けたら、ホースの先が蓋に付いている管に合うようにセッティングします。
ボールタップを固定したら水栓を開けて水を溜めます。その際、タンクから水が漏れていないかチェックも怠りません。
同時に、便器内でも水がチョロチョロしていないかも確認します。

工事代金25,920円也試しに水を流して問題がないことを確認し、後片付け終わったら、お客様にも試してして頂き作業完了。