大阪府大阪市東住吉区にて洗面水漏れ事例
今回は大阪市東住吉区にお住いのお客様より洗面水漏れで困っているとのご連絡をいただきました。お電話は30代のご主人様からでした。詳細をお聞きしたところ、朝に顔を洗っていた時に足に水を感じたのでおかしいと思ったら水漏れしていることを発見したとのこと。そして洗面台の下の扉を開けたら排水トラップのあたりから水が滴っていて下に流れてきているのに気付いたということでした。原因は特定できたとはいえ、どのように対処していいのかわからず弊社にご連絡いただけたということでした。まずはお客様の洗面排水がどのような形状をしているのか、そしてご住所をお聞きして早急にお宅へスタッフを派遣したのです。 洗面の水漏れ だいたいお電話を頂戴してから45分ほどでお宅へ到着することができました。お客様のお宅は閑静な住宅街の一角にある戸建て住宅でした。まずはご挨拶を済ませてすぐに洗面台の下をチェックさせていただきました。すると、お客様がおっしゃられていた排水パイプのS管が現れました。くまなくチェックするとそのS管に亀裂のようなものがあることが発見できました。おそらく劣化して亀裂ができたものと思われます。お客様に見ていただき、これは交換する必要があるとお伝えしました。そして最終的な見積金額もお伝えしました。お客様よりご了承していただき作業に入りました。 周りが汚れないように配慮しながらS管を外していきます。そして弊社で用意してきたS管を取り付けていきます。取り付けが完了して水漏れがしないか入念にチェックしていきます。水漏れは確認できず作業は完了しました。お客様より「すぐに来てくれて直していただいて助かりました。」といっていただけました。 洗面所は毎日のように使うところです。ただ、あまりメンテナンスをしないという人も多いのではないでしょうか。やはり使用頻度が高いところは痛みも早く来てしまうものです。今回のように排水トラップが劣化して水漏れが起きる場合もあります。もしもお客様で解決が難しいなと感じたら、プロに任せてしまうのが一番手っ取り速い方法で確実です。