今回お伺いしたのは大阪市住之江区にお住まいの夫婦のお宅です。住宅街にお住まいで、玄関脇には季節の花のプランターが置かれていました。趣味を楽しんでいることがうかがえます。今回は「台所の排水がつまったみたいで水が流れない。夕飯を作りたいので早く何とかして欲しい」との依頼でした。お話を伺ってみると、先日の夕食後に食器洗いをしていたら水が流れなくなったそうです。ご主人がブラシや市販の洗浄剤などを使用して台所つまりの原因を取り除こうとしたそうですが、改善をしなので依頼をされました。

お伺いしたスタッフが確認のために水を出してみると、数分もしないでシンクに水がたまってきました。数分間水を使っていると、シンク一面に水が張ってきます。排水には時間がかかり、たまった水がすべて流れるまでに十数分はかかります。

排水管のつまりには、その場所だけのつまりと屋外排水のつまりの2種類があります。まずは屋外の下水管の確認しますが、確認したところつまりはなく、つまっているのはその場所だけだということが判明しました。

住之江区で台所のつまり

お客様にそのことを伝えて、台所の排水管の洗浄を開始しました。

今回使用したのはローポンプと呼ばれる道具です。圧力工法によってつまりの除去を試みる方法で、ローポンプの圧力が逃げないよう排水口を覆うように押し当てて、ゆっくりとレバーを引いてみます。そして、引き上げたレバーを押し込んでいき、排水つまりの原因となっているものと排水管をゆらしていきます。この作業を何度か繰り返すことでつまりがすっきり除去されたのでした。

この作業では水が流れない原因のつまりを取り除いたのですが、排水管に付着している油汚れまでは落とす事が出来ません。油汚れがこびりついていると再発をする恐れがあるので、お客様にお伺いをして薬剤を流して再発防止作業を行いました。

使用するのは業務用の洗浄用薬剤です。市販のものよりも洗浄力が高いのですが、劇薬指定なので取り扱いには十分に注意します。なお、これは業務用で一般の方が購入することはできません。薬剤を水で薄めながら流していきます。今回使用したものは溶ける際に熱が発生するタイプのもので、流す時に排管内が高温にならない様に蛇口から少量の水を流しながら作業をします。

この作業が終わってから問題が解決したかお客様とともに確認を行います。作業前はシンクに水が溜まってしまう状態でしたが、作業後はスムーズに水が引きました。問題がないことが確認できたので、シンクの水気を拭き取って作業は終了です。

今回の台所つまりの作業は1時間ほどで終了しました。屋外の排水管まで詰まっているとさらに時間がかかることが御座います。夕飯までには台所を使えるようにして欲しいと要望がありましたが、夕飯作りまでに作業を終えることができました。

このケースのようにつまりがひどくなってしまう水が流れなくなり、シンク内に水がたまってしまうようになります。このお宅は水がほとんど流れない状態で、台所を使えない状態になってしまいました。

こうなる前に定期的に洗浄を行っておくとよいでしょう。

どこが悪いのかわからない、どのような作業を行ったらいいのかわからない、すぐにでも何かしたい、そのようなときには専門家に相談をするとよいでしょう。問題の原因を適切に判断し、それぞれの問題に適した方法で作業を行っていきます。