大阪府大阪市中央区にてトイレのつまり事例
大阪府にお住いのお客様から、トイレつまりの緊急連絡を受け、修理に伺いました。 トイレの水の流れが悪くなってしまい、このままでは完全に詰まってしまうのではないかと不安になってお電話をいただきました。 一刻も早く対応して欲しいとのご要望でしたので急行しました。大阪市中央区はマンションや団地といった集合住宅が多く、築年数が経っている物件も目立つため、トイレのトラブルが多い地域です。 ひとたび水もれが起きれば、大規模なトラブルに発展してしまうため、確実な作業が求められます。 大阪市中央区トイレのつまり 今回のお客様は、お子様が遊び気分で大量のトイレットペーパーを流してしまい、詰まってしまったとのことでした。 ひとりでトイレを使用し始めたばかりのお子様にとって、引っ張ればどんどん出てくるペーパーは格好のおもちゃに見えてしまったのでしょう。 マンションで共有所有しているラバーカップで吸い出しを試みたものの、なかなかうまくいかなかったとのこと。 マンションの場合、水漏れ等が起きると被害が自宅のみならず、階下の住宅にも及ぶ恐れがあるため、素人作業は危険です。 一見トラブルが解消したように見えても、完全にはつまりが解消しておらず、後日突然大量の水漏れが発生するケースもあるので、しっかりと対処する必要があります。 そのため、業務用の専用器具を使って詰まりを完全に解消する作業を行いました。大量に圧縮した空気を一気に噴出する専用器具は、パイプの傷つけることなく詰まりを安全に解消します。 さまざまなトイレトラブルに対応してきたプロの手で、迅速にトイレの詰まりを解消することができました。 最近では、従来のものよりもさらに水に溶けやすいペーパーも出ていますが、やはり大量に流せば詰まってしまうのは当然のことです。 その場合、焦って何度も水を流したり、素人判断で対処をするよりも、すぐにプロの手に委ねて頂ければより早く安全に対処ができることをご説明させていただきました。