大阪府泉大津市のマンションにお住まいの女性の方から、「洗面ボウルの下から水もれしているのですが、すぐに修理できますか」という問い合わせが入ったのです。
作業時間や修理費用について気にしておられました。



洗面の下から水漏れ
電話口ですぐに修理できる旨をお伝えし、費用についてご説明しましたが、正確なお見積もりは状況を確認してからになることを申し上げました。
現在も洗面水漏れが続いているため、緊急措置として元栓を閉めていただくようにお伝えしました。
元栓を閉めれば、自宅の水回りの全てがストップするため、これ以上は水が溢れなくなります。
元栓はマンションの場合、玄関の横に設置してある扉の中にあります。
万が一ご自身で元栓の場所が判断できないようでしたら、管理人さんに聞いてみるといいでしょう。
連絡を受けてから、早速ご自宅にお伺いしました。

お客様がおっしゃるように洗面台の下にある扉の中から水漏れが発生していました。
扉を開けて確認したところ、給水管などには問題はなく、止水栓の部分から発生していることがわかりました。
よくあるのは経年劣化によって止水栓のパッキンに不具合が生じ、その結果水漏れが起こっている場合です。
このケースではパッキンを交換すれば水漏れは解消しますが、今回の状況は止水栓本体に不具合が生じていました。
こちらも経年劣化が原因と考えられます。

水漏れ改善のためには、止水栓自体を交換する必要があると判断しました。
お客様に作業内容と作業時間をご説明し、正確なお見積りをお伝えしました。
ご納得いただけたため、新しい止水栓を取り付ける交換作業を迅速に行い、その結果水漏れは完全に収まりました。
お客様は、「急に水漏れが起こってどうしようかと思っていましたが、的確な指示と修理をしていただき本当に助かりました」とおっしゃっていました。
もちろんほとんどの方は水漏れ対処法の知識がなく、こういった状況が起これば焦ると思います。
専門業者である我々にお任せいただければ、すぐにスタッフを派遣して修理いたしますので、ご遠慮なくご利用ください。