私は水回りのトラブルを解消する業者として働いています。
今回のトラブルは大阪市西区にある建て売り住宅にお住まいのお客様からのご要望でした。
不具合状況としましては、トイレの排水が詰まってしまったとのことでした。トイレの排水とは、水洗便器よりパイプを通って下水道本管へと汚水等を流すために設置されているものであり、ほとんどが直管ではなく曲管が採用されています。
大阪府大阪市にてトイレつまり
DSC_0793

そこに流しきれない異物が混入することにより排水の詰まりが発生する事態に発展します。

今回のトラブルを詳細に確認したところ、紙の詰まりが原因でした。
何故、紙が詰まってしまうのかと不思議に思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、普段ご使用になられているトイレットペーパーとは水に溶ける仕様となっています。
そこのご家庭では小さなお子さまがいらっしゃったのですが、そのお子さまが親御さんの知らないところで普通のティッシュも一緒に流していたことが判明しました。
子供からすると、トイレットペーパーもティッシュペーパーも同じ紙なのだから流れて当然ということで、悪意は全くなかったのです。
原因究明ができれば、あとは処置を施すだけです。
まずは、排水つまりの原因となっているティッシュペーパーをポンプにより吸出して除去します。
今回の事例では便器等を一時撤去して排水管の通りを確保しなくて良かったので簡易作業となりました。
補修に要した時間は約30分程度と行ったところでしょうか。
お客様からは非常に迅速に作業が完了したということで非常に喜んで頂けました。
今回は、大人であれば回避できていた事象でしたが、目に見えないところで子供によって事態が悪化していたという事例でした。
普段から丁寧にご試用いただいている使用環境でしたので、なかなか防ぐことは難しかったかもしれません。
自分が気をつけて維持管理していても不具合が発生する可能性がありますので、家庭内で情報共有をして今後は対応頂ければと思います。