依頼場所  

大阪府大阪市淀川区十八条

依頼内容  

シャワーヘッドからの水漏れ

作業時間  

50分

作業前の状況  

神崎川に近い住宅地に立つ戸建てのお宅より、「シャワーヘッドから水が漏れている」との依頼。
早速向かいました。ご依頼者のお宅は住宅密集地に立つ、築15年程度の建売住宅。
水漏れのある浴室へ案内していただきました。
なるほど、シャワーヘッドからはポタポタと水が落ちている状態で、床を見ると洗面器で受けているようで、一杯に貯まっていました。聞けば、朝にお風呂を掃除した時から3時間くらいで溜ったものらしい。

作業内容  

シャワー水漏れ

シャワーヘッドの水漏れを調べるため、混合栓を操作します。切替ハンドルを蛇口に回し蛇口から吐水してもシャワーヘッドから少量の水が漏れる状態。
切替ハンドル部分のパッキンやOリングが劣化しているのが原因と考え、混合栓を分解しました。
しかし、分解して中の部品を確認したところ、切替ハンドルに付いている、切替弁が劣化していることがわかりました。
この場合は、切替弁を交換することになります。
ご依頼人に状態を説明してご了承をいただき、部品の在庫を確認します。
交換用の部品がありましたので、切替弁のユニットを交換。通水して水漏れの状態を確認。無事水漏れが収まっていました。
通常の状態でも水漏れがないことを確認して作業は完了しました。