大阪府大阪市城東区にて洗面のつまりを解消しました。
大阪市城東区洗面つまり この度の現場は大阪市城東区、お客様からのご依頼で洗面つまりの解消のためにお伺いすることになりました。お電話でお聞きしたところによると、しばらく前から水がスムーズに流れなくなり、一度洗面ボールに溜まってから少しずつ排水口に流れていく状態が続いていたようです。それが今朝になってさらに悪化し、原因を調べようにも水まわりの仕組みがわからないことから迂闊に部品を触れず、できればすぐに直しに来てほしいとご連絡をいただきました。 洗面つまりはいろいろな原因で発生しますが、多いのが洗面台の下にあるS字トラップにゴミや異物が溜まるというケースです。文字通りにパイプがS字状になっている部位で、元々水溜りを作るために据えられています。こうすることでその下部にある下水からの悪臭を防ぎ、虫が上がって来ないようにしているのです。ですが逆に、上部から流れ込んできた水に混じった汚れや異物によって、排水不良を起こしやすいところでもあります。しばらく前から少し異臭もしていたというお話しをお聞きしましたので、やはり髪の毛や石鹸カスなどのヘドロが固まっている可能性が高いでしょう。いずれにしても確認が必要になりますから、早速郊外にあるという一戸建てのご自宅にお邪魔することになりました。 ご案内いただいた洗面台は、歴史を感じさせるお住まい同様に長年使い込まれた様子が窺えます。止水栓を閉めて水が床に零れないように配慮してから排水パイプを分解していきましたが、予想通りにS字トラップいっぱいにヘドロがつまっているパターンでした。ですが幸い、簡単な清掃だけで対処できるトラブルです。他にはつまりの原因になるような問題もありませんでしたので、お客様に点検の結果と見積もりをお伝えすると、すぐに直せることにホッとされたご様子でした。 分解した部品をブラシで綺麗にし、取り付けた後に仕上げにクリーナーを注入して洗浄、スムーズに水が流れていくことを実際に試していただいて無事に全工程を終了しました。