本日お電話をいただいたお客様は、大阪市此花区にお住まいの男性の方でした。

トイレが詰まったみたいやけど。自分でスッポン使って直しとったら、ようわからんようになってしもた。」とのこと。

トイレつまりは、いざという時大変困ります!一刻も早く伺わなければなりません。

此花区トイレつまり

30分程でお客様のお宅に到着し、状況をお伺いしたところ、特に異物を落としたりはしていないとのこと。

トイレつまりの原因は、異物のつまりでない場合、尿石など長い間に蓄積したものによることも考えられるのです。

ところが、お客様の場合、普段お使いの清掃用品は『流せるトイレクリーナー』。これが、流せるはずと安心して、まとめて大量に流したり、トイレの水流が弱かったりすると、詰まることがあるのです。

しかも、到着した時点での水位は、見たところやや高めとなっておりました。

水位が低ければ軽度のつまりで、DIYで直せたかも知れません。

ですので、お電話くださったという ことは、軽度ではなさそう、しかも、専門業者への依頼は衛生面においても良いことなのです。

お伺いしたところ、お客様のお宅の場合、普段から水流の流れが良くなかったとのこと、そう考えると、トイレつまりの前兆はあったのかと思います。

汚物の飛び散り防止のため、水除として便器にゴミ袋を被せ、高圧洗浄機のホースを便器の底で曲がっている部分までしっかりと突っ込み、噴射し、つまりを取り除きました。

ちなみに今回は、原因が異物詰まりの固形物ではないとのことでしたので、高圧洗浄機を使いましたが、原因が固形物の場合は使うことのできない方法です。

その後、バケツの水を流したら、ちゃんと流れましたので、これで、トイレつまりは解消されました。

トイレつまりの解消方法は、軽度でない場合、他にワイヤーブラシを使う方法や、便器を取り外す方法などがあります。

いずれも、DIYで間違うと被害が拡大し、さらに費用がかかってしまいかねません。

自信がない場合は、迷わず専門業者にご依頼くださいませ。