トイレ排水のつまりは、自宅の様々な水回りの中でも、比較的経験する機会の多いところです。

大量のペーパーを流したり、溶けないティッシュペーパーを流したりすることによりつまりが発生することがあります。

しかしそれ以外にも、様々な原因からトイレ詰りは起こってしいます。

大阪府の泉佐野市にお住まいの男性の方より、「原因不明なトイレ詰りに困っている」というご連絡を受けました。

マンションにお住まいの方で、突然の状況に困惑されていました。

すぐ修理にお伺いする旨をお伝えして、安心していただきました。

自宅に到着したところ、お客様は疲れた表情をしていました。

お聞きすると、トイレがつまって焦ってしまい、その状態でまた水を何度か流してしまったそうです。

その結果水が便器からあふれ出し、周囲が水浸しになったため、掃除に苦労したそうです。

確かに一刻も早く改善したいと考え、つまっている状態でさらに水を流すことはよくあることです。

そうならないように、落ち着いた対処が必要になります。

連絡を受けた時にはつまりの原因はわからないとのことでしたが、「もしかするとトイレロール紙の芯を落としてしまったのかもしれない」とお客様はおっしゃっていました。

定かではありませんが、トイレットペーパーを付け替える時に、無意識にしてしまった可能性があるそうです。

つまりの改善作業は、ローポンプを用いて行いました。

これは自宅にあるラバーカップよりもはるかに強力な器具です。

周囲に汚れが飛び散らないように養生を施してから、作業を行いました。

すると、便器の中からトイレットペーパーの芯が浮き上がってきました。

泉佐野市トイレつまり

やはりこれがつまりの原因だったようです。

その後、水を流してみると再びつまることはなく、状況は改善されました。

「トイレットペーパーの芯を流すなんて我ながらどうかしていたよ」と、お客様は安堵の表情を浮かべていました。

どのようなつまりの原因に対しても、弊社は専門的な技術を持ったスタッフが改善に当たります。

トイレトラブルなど、様々な水回りの問題がありましたらご相談いただければ幸いです。