「自宅トイレの便器の水が止まらない」というお客様から、弊社にご連絡がありました。
大阪府のマンションにお住いの男性の方です。
トイレ使用後に、トイレの水が流れたままだと気が付いたそうです。
何が原因かわからず、突然のことで困っておられました。

鶴見区トイレの詰まり

そこで水道修理業者である弊社のことを調べ、ご連絡をくださったそうです。
トイレ水漏れの原因は色々と考えられますが、まずは水漏れの原因箇所を特定する必要があります。
連絡を受けてからすぐに、大阪市住之江区のご自宅にお伺いしました。
確認すると、やはり水の流れは少量ではあるものの、完全には止まっていません。
トイレタンク内を調べたところ、水の流れを調整する役割を果たす「ゴムフロート」に水漏れ原因があることがわかりました。
ここがしっかりフタをされていないことが、水が止まらない原因になっていました。
外れているだけであれば簡単に修正可能ですが、形が少し変形していたため、再びしっかり収まることができない状態になっています。
変形の原因は経年劣化が考えられます。
お客様には、この部品を交換すれば水漏れは改善することをお伝えし、作業内容やお見積もりについて申し上げました。
早速交換してくださいというお客様のお言葉をいただき、修理に取り掛かりました。
古いゴムフロートを取り外し、新しいものを取り付ける作業です。
他の部品については特に問題なかったため、この交換で修理作業はすべて完了しました。
今回はゴムフロートが原因でしたが、トイレ水もれの原因には様々なことが考えられ、また一箇所だけではなく複数の箇所で問題が起こっているケースもあります。
「経年劣化で他の部品に問題が起こったらまたご連絡しますので、その時はよろしくお願いします」と、お客様はおっしゃっていました。
弊社にご連絡いただければ、トイレ内の様々な箇所を確認し、問題箇所を明らかにして修理いたします。
再発防止の意味でも、水漏れなどのトラブルがありましたら専門業者の弊社にご連絡いただければと思います。