依頼場所  

大阪市淀川区

依頼内容  

トイレの床が水浸しになっているとのご相談

作業時間  

2時間

作業前の状況  

 作業前の状況としてはお客様がトイレ掃除をしようとトイレに入室したところ、トイレの下が水浸しになっていることに気が付いてから、応急処置として不要になった布などで水を吸収してから水道職人までご連絡いただきました。

 ご連絡を受けてから、区内パトロール中の水道職人スタッフが現場へ駆けつけました。

 トイレの中を確認してみると、トイレの下が水浸しになっていることが確認できましたので、早速点検に入ります。

作業内容  

トイレの床水漏れ

 水浸しの原因を特定しなくてはいけませんので、点検を開始しました。点検を開始するとトイレ自体の経年劣化という事が判明しました。

 タンク内の部品もかなりダメージがあったようですし、給水管もかなり劣化しており破損も見受けられました。ゴムパッキンも腐食しており、トリプルパンチで傷んでいるトイレでした。

 このことをお客様にご報告。水道職人ができるベストな方法としては、トイレ交換をご提案させていただきました。

 お客様も約40年近く使っており、一度も修理していないとのことでトイレ交換を検討していたようです。

 早速作業をしていきます。古くなったトイレや給水管等を取り除き、周辺をきちんと清掃しました。その後、ウォシュレット付きのトイレを設置。

 もちろんですが、水漏れもなく快適にトイレライフを送っていただけそうです。お客様も大変喜んでおりました。

 このように水回りのトラブルやトイレのトラブルでお困りの方は、一度お気軽に水道職人へご連絡ください。きっとお力になることをお約束いたします。