大阪狭山市で洗濯のつまりの依頼
当社に先日依頼をくださったお客様は、大阪狭山市の賃貸マンションに住んでいる30代のご夫婦でした。そのご依頼者様によると、洗濯詰りでお困っているので何とかしてほしいということだったので、別の作業を終えてすぐにお客様宅へ向かいました。すると、お客様の洗濯機の表示がうまく表示されず排水の詰りが起きていたので、すぐに修理をしないといけない状態でした。修理難易度は高そうです。 大阪狭山市洗濯つまり 当社はそこで洗濯のつまりを直すために、真空ポンプなどを駆使して修理することになりました。ラバーカップもお客様が用意してくれていたので、それも使ってつまりを解消することに。作業自体かなり短い時間で終了することができたので、無事に洗濯排水のつまりを解消することができました。ご依頼者様がおっしゃるには、洗濯機を購入してからだいたい8年ほど経過しているという事ですので、洗濯機の劣化も詰りを起こしていた原因となっていたのです。   もちろん、それ以上経過しても問題なく使用できるケースもあるのですが、ある程度使用すると、洗濯機も機能性が悪くなったり、つまりやすくなってしまいます。これを放置していると水漏れを起こることもあるなど、時期がきたら修理をするということも重要ではないでしょうか。   洗濯排水がつまると日常生活に支障が出るために、何かと不自由ですよね?今回依頼をくださったお客様も、少し前から洗濯機自体の調子が悪かったそうで、ごまかしながら使用していたということでした。その為に、洗濯つまりが起きたということでしたし、修理が終わると笑顔になって感謝の言葉をかけて頂いたのです。   洗濯詰りというのは修理を依頼せずにご自身で改善するという事も可能と思いますが、場合によっては悪化してしまう事もあります。そのこともあって、洗濯のつまりでお困りだというお客様でしたら、当社がお力になりますので 依頼はもちろん、つまりのことで何か気になることが御座いましたら ご相談承ります。