私は水道トラブルなどを専門的に扱っております水道事業者です。今回は大阪市西区のお客様宅で発生しました、洗面詰まりの補修について記載させて頂きます。
まず、洗面台は日々の日常生活においてかかせない場所となっております。朝の洗顔や帰宅時の手洗いなど、使用する頻度は非常に多いものと思われます。
今回のトラブル事例はその洗面台で起こりました。水は蛇口より適正に流れるのですが、使用した水が排水パイプを流れていかなくなったのです。普段使用する洗面台が使えなくなってしまったため、お客様は大変困られておいででした。
大阪府大阪市にて洗面詰まり
そもそも排水パイプが何故詰まってしまうのかと言うと、それは構造携帯禁止にあります。悪臭が漂って来ないように、S字に湾曲しているのです。この構造は一長一短であり、パイプの中に水を溜めることにより悪臭が上がってくるのを抑える効果があるのですが、水流を利用しても直通で流れないため、異物が溜まりやすくなっているのです。

しかも、洗面台の使用用途として朝に洗髪を実施しているのも詰まりを促進する要因となっていました。
シャンプーの残りかすであったり、頭皮の油が排水パイプに固着してしまうのです。
こうなってしまっては、元々そんなに太い管経のパイプでなかったものが異物により更に狭くされてしまうため、最終的にはつまりを発生させていました。
今回は排水パイプの入り口から異物を除去する事が難しかったので、直接つまりを取り除くことに致しました。
洗面台の下にあるS字排水パイプを取り外して内部の洗浄を行いました。
想定通り、かなりの髪の毛やヘドロのようなどろどろとした汚物が貯まっていました。
これらを丁寧に水道水で洗い流して除去してやることにより、排水詰まりを解消する事ができました。
お客様へは今後、排水パイプの入り口に設置する髪の毛を取るネットをお勧めさせて頂きました。
これで、ある程度の排水つまりについては抑制効果があると期待しています。