大阪市福島区にお住まいの方から、台所排水より水もれがして困ってるとの電話が入り、すぐに駆け付けることになりました。キッチンが濡れるし、臭いもして気になるということでしたが、シンクの下の部分から漏れており、バケツが置いてありました。まずはどこから水漏れが起きているのかを調査します。

台所の水漏れ大阪市
dav

水を流すと、確かに排水から水漏れが始まり、バケツの中に水が垂れて落ちていきます。その上の部分を見上げると、排水ホースに亀裂が入っているのが分かりましたので、原因はこれだと思いました。どうやら、このシンク下の収納スペースを活用して、かなりいろいろな物を収納しているようで、物を奥に入れる際にパイプに触れて、負荷や圧力がかかり、排水部に亀裂が入りやすくなったと推測されます。

 

状況と対処方法を説明し、排水部分の交換をすることで同意していただき、作業に取り掛かりました。排水ホースを取り外すと、かなり劣化しており、亀裂部分がはっきりとわかり。かなり古いホースであり、パッキン部分も劣化していました。そして新しい排水を接続し、水もれが無いようにしっかりと固定したのです。やや臭いが気になると言われていたので、防臭パッキンを交換して、新しいものにし、臭いが上がってこないように対処しました。最後に水漏れがないかどうか、テストとして蛇口をひねり、勢いよく水を出しますが、全く水が漏れていないことを確認しましたので、その後、シンク下部分の汚れをきれいにして掃除を終えてから、お客様をお呼びしました。そして古い排水の亀裂の現状を示し、新しく設置した排水部分、そして水漏れのテストをして、きちんと水漏れがなくなったことを目視してもらいました。作業代金、部材費・工賃合わせて税込み18,360円也

 

そしてシンク下は、収納スペースの中で使いやすい場所にあるために便利なのですが、ホースには触れない範囲で収納していただく提案を最後にしてきました。こうして台所水漏れの修理が終了し、次の依頼のお客様宅に向かいました。