大阪俺の水道屋のWEBページに閲覧頂き有難うございます。今日は吹田市にお住いの方よりトイレの水が止まらなったので一度確認して欲しいとのお声掛けがあり、修理してきました。 現地へ到着してすぐさま状態をチェックすると、使っていたのは約20年前に製造終了した昔ながらの古い墨付のタンク。見たところこの内部に使われている部材の摩耗で止水不良がおこっている感じです。 その為にいざという時の水の吹き出しに備え、住宅全部の水道を断水した上で部品のチェックをする事にしました。何故トイレ室内に設けられているバルブで止め無かったかと言うとお家自体の築年数が予想以上に経っており、無理にテンションを加えると損傷の危険があったためです。 給水に関係委する系統w一つずつチェックしていくと、ボールタップやフロートゴムの部分がボロボロに朽ちているということが判明。 こうなるとずっと水を補充し続けてしまう為水道料金も高額になる可能性があります。今回は各パーツを新品に交換してトイレの水漏れ修理は無事完了しました。