トイレ

水まわりのなかでも、トイレは絶対につまってほしくないものです。

 

なぜなら、トイレがつまってしまうと利用したいときに利用できず、我慢するしかないからです。

 

トイレがつまったのであれば、少しでもはやく解決したい。

 

そこで今回は、大阪でトイレのつまりを解消するためには、どういう行動をとるべきかについてお話しますので、参考にしてみてください。

 

そもそもトイレがつまる原因について知っておこう

 

普通にトイレを使っていたが突然つまってしまい、困った経験をおもちの人は非常に多いのではないでしょうか。

 

ですがトイレがつまる原因を少しでも知っておけば、悲惨な状況になることも避けられるはずです。

 

トイレットペーパーをいちどに沢山流してしまう

トイレットペーパー

トイレを利用していて、ついついやってしまいがちなことがあります。

 

それは、トイレットペーパーをいちどに沢山流してしまうことではないでしょうか。

 

いちどにトイレットペーパーを大量に使用し流してしまうと、トイレがつまってしまい便器から水があふれてしまうというわけです。

 

便がつまる

トイレつまり

トイレットペーパーと同じくらい、つまりの原因となるのが便です。

 

いちどに大量の便を便器にため込んで、一気に流すとにつまる可能性が高くなってしまいます。

 

便はトイレットペーパーとは違い、溶けにくいこともありますのでやっかいなつまりと言えます。

 

しかも、便がつまって便器に水があふれ床まで浸水してしまうと、悲惨な目にあうことが想像できます。

 

異物がつまる

ボールペン

トイレットペーパーや便以外に、誤って別なものを流してしまう場合があります。

 

たとえば子どもがおもちゃを流したり、大人でもスマートフォンや財布など、あらゆるものを間違って流してしまったりする可能性があります。

 

さすがに異物ともなると、トイレットペーパーや便のように溶ける要素がないものがありますので、流したものを救出するしか方法はありません。

 

水圧不足

トイレタンク

とくにトイレットペーパーや便を一気に流したわけではないのに、トイレがつまってしまうことがあります。

 

それは、タンクからの水流が弱いからです。

 

たとえば、トイレがつまる直前に何度も流してしまうと、明らかに水流が弱くなることに気付くはずです。

 

本来流れるべきはずのものが、水流の弱さにより流れずつまってしまうというわけです。

 

トイレのつまりを解消する方法

解決方法

もし、突然トイレがつまってしまったとしたら、なんとかしてすぐに解決したいと思うものです。

 

では、どうやってトイレのつまりを解消できるのでしょうか。

 

なにも触らずに放置する

時計

トイレがつまってしまうと、流れずに焦ってしまい、水をさらに流してしまいたくなるものです。

 

たしかに、トイレのレバーを引くことでつまったものと一緒に流れる可能性はあります。

 

しかし、失敗すると便器の水があふれてしまい、床まで浸水してしまうというわけです。

 

ですから、トイレがつまったのであれば、あえてなにもしないことが選択肢としてあげられます。

 

とくにトイレットペーパーは水に溶けやすいので、時間が経てばあっさりと流れてくれる可能性があります。

 

ただし、長いこと時間を置いたからといって確実に流れるわけではありませんから、次にトイレを使うときに困ってしまいます。

 

ラバーカップを使う

ラバーカップ

トイレがつまったら、ラバーカップを使う人は非常に多いのではないでしょうか。

 

ラバーカップとは、別名スッポンとも呼ばれています。

 

ラバーカップを使うことで、便器の穴が真空状態になり、引き上げることによって一気に水が吸い寄せられる仕組みのため、つまっていたものが解消されるというわけです。

 

しかし、そもそもトイレ用にラバーカップを準備していないこともありますし、何よりラバーカップを使うことで汚水が飛び散る可能性があります。

 

お湯を流す

お湯を流す

トイレのつまりは、お湯を流すことで解消されることがあります。

 

それは、お湯のあたたかさによってつまりをふやかしてくれるからです。

 

ですが、少しでもはやくトイレのつまりを解消しようと思い、沸騰したお湯を便器に流し込むのは絶対に辞めておくべきと言えます。

 

あまりにもお湯の温度が高すぎると、便器が割れてしまう可能性があるため、そうなるとつまりどころの騒ぎではなくなってしまいます。

 

もし、お湯でチャレンジするのであれば40度から60度くらいのお湯を利用するようにしましょう。

 

トイレ専用のワイヤーを使う

 

実は、トイレがつまったときのために専用のワイヤーが販売されいます。

 

トイレ専用ワイヤーというだけあって、つまりを無理やり押し込めたり細かく砕けたりが可能です。

 

ラバーカップよりも確実に、異物を取り除いてくれますし、周囲をむやみに汚すことはありません。

 

しかし、トイレトラブルのために事前に専用ワイヤーを準備しているご家庭は少ないですし、購入するのも手間と言えます。

 

確実にトイレのつまりを解消したいならプロに任せる

水道業者

もし、大きな被害をだすことなく、スムーズにトイレのつまりを解消するなら、絶対にプロに任せるべきと言えます。

 

自力でつまりを解消しようとしても、全く効果がなければ時間の無駄ですし、次にトイレを使いたいときに使えなくなるのも困ります。

 

こういう緊急性が高いトラブルは、11秒でもはやく解決したいものです。

 

ですから、24時間対応してくれて尚且つ、スピーディな業者を選ぶことで、少しでもはやくトイレのつまりが解消できます。

 

トイレつまりの業者を大阪で選ぶときの注意事項

注意事項

トイレのつまりを中心に、水回りのトラブルを解決してくれる業者は大阪にはたくさん存在しています。

 

だからといって、適当な業者に依頼するとあとあと後悔することにもなりかねません。

 

ですから、大阪でトイレのつまりを解消するための正しい業者の選びかたについてお伝えします。

 

見積りが無料かどうか

見積は無料?

業者にお願いするとしても、なるべくお金をかけたくないのは当然のことと言えます。

 

ですが、適当な業者に連絡をして予想していなかった費用まで請求されたとしたらどうでしょうか。

 

ですから可能な限り、見積もりなどは無料で対応してくれる業者にお願いするようにしましょう。

 

即日解決してくれるかどうか

即日解決

トラブルのもとがトイレということもあり、今すぐか遅くても今日中には使えないと困ってしまうものです。

 

ですが、業者によっては即日対応ができず、翌日以降の指定になる可能性があります。

 

そうなると、確実にトイレが使えない時間が多くなってしまうため、ツラい時間を過ごさなければなりません。

 

ですから、いつ対応可能なのかを確認しておくべきです。

 

料金が明確かどうか

料金

業者によって、トイレのつまりを解消する料金は異なります。

 

もちろん、安ければ安いほど良いに越したことはありませんが、あまりにも安すぎると手を抜かれる可能性がありますし、逆に高すぎても嫌なことでしょう。

 

ですから、問い合わせや見積もりの時点でどれくらいの費用がかかるのかを確認しておくべきと言えます。

 

トイレのつまりなら大阪の「俺の水道屋」にお任せ!

俺の水道屋

トイレのつまりでお困りなら大阪の「俺の水道屋」にお任せください。

 

当社では、24時間365日で営業しているため、万が一のトイレのつまりでも迅速に対応できます。

 

水道トラブルに携わり16年と8万件以上の実績があるため、どんなトイレのつまりでも解決いたします。

 

作業を伴わない見積もりは無料でございますので、安心してお問い合わせください。