依頼場所  

大阪府貝塚市大川

依頼内容  

台所蛇口の水漏れ

作業時間  

50分

作業前の状況  

台所の蛇口から水漏れを起こしていて、蛇口付け根に水がたまっていました。どの部分から水漏れしているのかよく見てみると、シングルレバーの下から水がでてきていました。レバーをしっかり下げているにもかかわらず、常に水が漏れ続けていました。だんだんと水漏れ量が多くなってきたそうです。

作業内容  

水漏れ修理

レバー下からの水漏れはパルプカートリッジの故障が原因でした。パルプカートリッジは、水量を調節する部分です。長年蛇口を使っていると経年劣化をすることがあります。
まず止水栓をしめて水を完全に止めます。次にレバーハンドルを取り除きます。蛇口本体を傷つけないように慎重に作業を進めていきます。ナットをゆるめてパルプカートリッジを取り外し、新しい部品と交換をします。指で押してしっかりとはめ込みます。そして、取り外しとは反対の手順で蛇口を組み立てていきます。止水栓を開けてから、レバーがきちんと動くことと、水漏れがないことを確認し、異常がなかったので作業は完了しました。