大阪アクアサービスのサイトに訪問頂きありがとうございます。今回は吹田市にお住いの方よりトイレの水が止まらなくなってしまったので見てほしいとご連絡があり、修理対応をして参りました。

現場に到着して早速状態を確認していくと、使用されていたのはかれこれ20年以上前に製造終了をしている昔ながらの墨付タンク。どうやらこの内部に使用されている部材の摩耗によって止水不良が発生しているようです。

そこで万が一の水の吹き出しに備え、お家全体の水道を断水してから部品のチェックを行っていく事となりました。なぜトイレ室内に設置されているバルブで止めなかったかと言いますと、お家自体の築年数がかなり経過しており、無理にテンションを加えてしまうと破損の恐れがあったからです。

給水に関する箇所を一つずつ確認していくと、ボールタップとフロートゴムがボロボロに朽ちていることが判明。

こうなってしまうといつまでも水を補充し続けてしまうので水道料金もばかになりません。今回はそれぞれのパーツを新しいものに替えてトイレの水漏れ修理は無事終了。