水漏れのトラブルの中でも非常に深刻なのがお風呂の水漏れであり、日常生活で利用するだけに一刻も早く修理する必要があります。先日、当社に「お風呂のスパウトから水が漏れているため、すぐに修理して欲しい」とのご相談が寄せられました。今回のお客様は奈良県奈良市にお住いの主婦の方であり、詳しくお話をお伺いしますと、2日前頃からハンドルをきちんと閉めても、スパウトから水が途切れることなく垂れてしまう現象が発生したとの事。すぐにお客様宅の元へ伺わせていただきますと、確かにスパウトの部品の付け根部分から、水が激しく漏れている状態でした。スパウトの水漏れで真っ先に考えられる原因としては、パッキンの経年劣化であり、このスパウト部分のパッキンを交換する際は、水の元栓を締める必要が無いため、すぐに作業を始めさせて頂きました。まず、ナットを慎重に緩めてパイプを引き抜き、用意していた新しいU字のパッキンを水に濡らした後、向きに注意しながらゆっくりと取り付けます。しばらく様子を見ますと、水漏れはすぐに収まりましたので、やはりパッキンの経年劣化が原因だという事が分かりました。お風呂場の部品はどうしても錆や汚れによる劣化に陥りやすいため、水漏れが起こった場合は、まず新しい部品への交換を試みると改善する事がほとんどです。